◎神社への参拝作法

厳島神社内宮は参拝するに当り、昇殿料が必要となります。
それ以外の神社では必要ありません。

?鳥居をくぐる
鳥居をくぐる時は、その中央は神さまの通り道なので、歩いてはいけません。
鳥居をくぐるという事は、そこから聖域へ進入するという意味です。できれば一礼しましょう。
左舷を通る時は左足から、右舷を通る時は右足から踏み入れます。
こうする事で、神さまにお尻を向けなくて済むようになりますが、鳥居がある場合は、必ず中をくぐりましょう。
厳島神社では主鳥居は海中にありますが、宮島港から五重塔を通らずに、有の浦から御笠浜へと海沿いに歩くと、石の鳥居があります。

?身を清める
手水舎の在る神社では、必ず必要な作法です。
穢れていては、あなたの声は神さままで届きません。
厳島神社では昇殿料を払って、回廊へ入る前に清めます。
a) 右手で柄杓を持ち、左手を洗う。
b) 左手に持ち替えて、右手を洗う。
c) 右手に持ち替えて、左手に水を取り、口をすすぐ。
d) 柄杓を立てて柄に水を流して清める。
e) 柄杓を戻す。
これらの作業を1杯の水で全て行う。

?昇殿する
厳島神社では、昇殿して参拝するようになります。
回廊へ入る所から、既に神域である事を忘れてはいけません。
鳥居をくぐる時と同じように、回廊の中央を歩いてはいけません。
また、左端を歩く時は左足から、右端を歩く時は右足から入ります。

?魔を祓う
紙垂(〆縄にぶら下がっている半紙で作った白いヒラヒラ)が串に挟んで置いてある神社では、参拝の前に必ず必要な作法です。
魔が祓われていないと、願いは邪悪なものへとなり易いのです。
a) 両手で持ち、頭に触れないよう頭頂部に枝垂れさせます。
b) 頭を少し垂れ、サラッサラッという音が出るように左右へ振ります。
c) 両手で持ったまま、元の位置へ戻します。

?賽銭
神殿の真正面中央へ立つ事は、許されません。
必ず左右どちらかに少し寄りましょう。
御賽銭は、投げずに、必ず手のひらからすべり落とすように。
相手にお願いをするのですから、投げつけるのは失礼です。

?参拝
神さまの御前における、挨拶の礼儀作法です。
無礼な人に対しては、相手にしてくれません。
a) 鈴のある神社では、鈴を鳴らします。
b) 背筋を伸ばし、45°のお辞儀を2度します。
c) 拍手を2度打ちます。
d) 手を合わせ、祝詞を上げます。
e) 気をつけの姿勢で45°のお辞儀をします。
f) 一旦1歩下がってから、御前より退出します。

注意))
?拍手を打ち合わせる時、右手薬指先が左手薬指の関節に当たるように手を少しずらせます。
?拝詞は『○○のおおみかみさま、はらいたまい、きよめたまえ、まもりたまい、さきわえたまえ』で構いません。
宮島では全ての神社の拝殿前に、その社殿の神名が表示されていますので、参考にして下さい。
神道の人は、その場の適切な祝詞を上げて下さい。
?拝詞の後に続いて、あなたのお願いを申し上げます。
声に出す必要はありませんが、必ず住所・氏名を述べてから、お願い事をします。
心の鎧を脱ぎ捨て、本心を全てさらけ出しましょう。
?自分の心にフタをしたり偽ったりして祈っても、願いは聞き届けられません。
また、誰かの不幸を祈る願いは、あなた自身に還ってきます。
?参拝したら、疑ってはなりません。
必ず叶うものと信じて努力を続けた者にのみ、ご加護が訪れます。
?神社参拝は、無理に何かを願う必要はありません。
拝詞を述べた後、住所・氏名を告げるだけでも充分です。







◎寺院への参拝作法

宮島の寺院に関しては、拝観料は必要ありません。
但し、寺によっては事前の連絡が必要な処もあります。
大聖院と大願寺に関しては、そのままお越し下さい。

?身を清める
手水舎の在る寺院では、必ず必要な作法です。
穢れていては、あなたの声は神さままで届きません。
a) 右手で柄杓を持ち、左手を洗う。
b) 左手に持ち替えて、右手を洗う。
c) 右手に持ち替えて、左手に水を取り、口をすすぐ。
d) 柄杓を立てて柄に水を流して清める。
e) 柄杓を戻す。
これらの作業を1杯の水で全て行う。

?仁王門を通る
仁王門の前で手をきちんと合わせたまま、一礼してからくぐる。

?賽銭
投げずに、必ず手のひらからすべり落とすように。
相手にお願いをするのですから、投げつけるのは失礼です。

?摩尼車
般若心経の書かれた摩尼車がある道は、右手で回しながら歩く事。
これによって、日頃の煩悩による罪が軽減され、身が清められます。

?梵鐘
鐘楼が一般開放されている寺院では、梵鐘を鳴らす事ができます。
ゆっくりと引いて、優しく打ち鳴らしましょう。

?参拝
神さまの御前における、挨拶の礼儀作法です。
無礼な人に対しては相手にしてくれないばかりか、天罰が下る事も。
a) 鈴のある御堂では、鈴を鳴らします。
b) 手を合わせ、深くお辞儀をします。
c) 碗鐘がある場合は鐘を打ち、御真言を唱えます。
d) 手を合わせ、再び深くお辞儀をします。
e) 一旦1歩下がってから、御前より退席します。

注意))
?手を合わせた時、必ず左右がきちんとそろうようにします。
拍手を打ってはいけません。
?御真言は神さまによって異なります。
仏さまの場合は『ノウマクサンマンダ ボダナン バク』となり、弁天さまの場合は『オン ソラソバテイエイ ソワカ』となります。
ほとんどの場合は記してありますので、回数を指定されていない御前では、それを3回読み上げて下さい。
?御真言の後に続いて、住所・氏名を告げ、あなたのお願いを申し上げます。
心の鎧を脱ぎ捨て、本心を全てさらけ出しましょう。
声に出す必要はありません。心の中でつぶやきます。
?自分の心にフタをしたり偽ったりして祈っても、願いは聞き届けられません。
また、誰かの不幸を祈る願いは、あなた自身に還ってきます。
?参拝したら、疑ってはなりません。
必ず叶うものと信じて努力を続けた者にのみ、ご加護が訪れます。













◎正式な参拝

聖地・厳島は約6000年昔から信仰の場でした。
それ故、古来は島へ住む事は許されず、聖職者でさえも神事に際しては対岸より通っていたのです。
しかし暴風雨や台風などでは島へ渡る事ができません。
そこで地御前(じごぜん)に遥拝所が造営されたのです。
地御前とは宮島に対しての、彼の地の御前(かのちの、おんまえ)と呼ばれ、そのまま地御前という地名となり、遥拝所は地御前神社と呼ばれるようになりました。


霊峰・弥山に今は昔、天女が舞い降りたという伝説が残っています。
それは神々しい姫君で、紅色の帆をかけた船で大野浦を訪れ、彼の地の有力豪族に宮を造営させたのです。
その後、その姫君の姉妹も弥山へ舞い降り、厳島三女神(宮島大神→三鬼神)と呼ばれるようになりました。
その女神たちが舞い降りた場所に御山神社が建立されています。

女神から宮の造営を依頼されたのは佐伯鞍職(さえきくらもと)という大領主で、厳島宮は推古天皇が即位された593年に完成しました。
それから約570年後の1168年に、平清盛によってその規模の雄大さと平安建築を忠実に伝える、現在の社殿が建立されたのです。
伝説や歴史などの詳細はHOMEトップから厳島神社→宮島の神さまたち→厳島神社の由来をご覧ください。

伊勢神宮は外宮と内宮とで構成された、雄大かつ広大な日本国の聖地ですが、厳島神社も瀬戸内海の聖地として外宮と内宮から構成されています。
地御前神社の正式名称は厳島神社外宮と言います。
また宮島の厳島神社を内宮と言い、弥山山頂の御山神社を奥宮と呼びます。

あなたが『一生に一度、これだけは譲れない』という"一生のお願い"をするのなら、この公式参拝を試してみてください。
但し、人を陥れたり不幸を望んだり、または死を望むような祈願をすると、その願いは叶えられずに、あなた自身へ還って来ますのでご注意ください。

一念、岩をも通すと言いますが、あなたの中で抑えきれないほどの願望を、爆発的なエネルギーへ変換し、神霊パワーで成就させる参拝です。
歴史調査や学術調査、または厳島信仰をしている方は同じコースを歩く事もあります。
しかしそうでない方が、祈願によって歩くのであれば、それは一歩間違えると負のパワーとなりかねません。
心を律して決意ができた方は<次へ>をクリックしてください。







TOP