厳島神社を歩く


├昇殿口
├東回廊
├客神社
├鏡の池
├朝座屋
├卒塔婆石
├揚水橋
├本殿
├高舞台
├平舞台
├火焼前
├大鳥居
├門客神社
├楽房
├西回廊
├大国神社
├天神社
├長橋
├能舞台
├反橋
└降殿口





厳島神社を歩く

● 大鳥居

● 東廻廊

● 西廻廊

● 本殿?

● 本殿?

● 境 内

● 摂 社

● 七浦社

● 祭 事



厳島縁起物語

原作:平清盛
現代語訳:源真琴
参考文献:みやじま物語(薄井静照・著/ガリバープロダクツ)

厳島縁起物語

--------------------------------------------------------------------------------

記紀神話や風土記とは違う、平家一門の厳島信仰による伝説。
平清盛によって創作され、厳島神社・御宝殿へ、国宝・平家納経などと共に奉納された。
1177(治承1)年、この厳島縁起を奉納する際にあたり、清盛は『この事は、くれぐれも口外しないように』と念押ししたため、門外不出の書として永い間、世に出る事がなかった秘蔵書。
歴史調査や学問の観点から、近代に入って一般公開されたが、その由来によって一般に目にする事の難しい物語である。
今回、その清盛が創作した厳島縁起を、現代語訳してここに公開する。

TOP