〜世界文化遺産〜
Itsukushima Shrine


厳島神社の由来

 伊都岐島というのが古来の名称で,昔からこの島そのものが神として崇められ,人も住みませんでした。神の島である以上、島はご神体となるため、陸上には建物が建てられないということから、神社は海辺に建てられました。
 厳島神社の御神殿の創建は推古天皇が御即位された593年で佐伯鞍職(サエキノクラモト)によると伝えられています。さらに仁安3年(1168年)に平清盛によって現在の規模に造営されました。清盛の頃には大掛りに御社殿を改造し,当時の寝殿造や対屋の形を取入れた御社殿は小さな湾内に壮大なものを構想せしめ,また,舞楽,雅楽も移しました。
 承元元年(1207年),貞応2年(1223年)と度重なる火災によって御神殿が炎上し,神社の規模は一時衰退しましたが,弘治元年(1555年)厳島合戦に勝利した毛利元就が社殿を支配下に置いてから再び社運は上昇し,現在の社殿など多くの建物がこの時期に造営,再建されました。
 このようにして造られた厳島神社の建造物は,国宝,重要文化財に指定されており,厳島神社自体も世界文化遺産に登録されております。
 厳島神社の御祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」,「田心姫命(たごりひめのみこと)」,「湍津姫命(たぎつひめのみこと)」です。







TOP